美は1日にしてならず


by miliardaria
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画 『 オリバー・ツイスト 』

チャールズ・ディケンズ原作、ロマン・ポランスキー監督 『 オリバー・ツイスト 』

f0052756_13434397.gif


勧善懲悪。
わかりやすい(先が見える 笑)ストーリーで、19世紀ロンドン的なセピアカラーも雰囲気があり、楽しめました。
" 不遇な運命に負けず、純真無垢な心を持ち続けたオリバーは幸せになりました。いつまでも純真な心のままです。 " というお話ですが、ちょっとメッセージがわかりにくいかな~・・・?
しかし、フェィギン役のペン・キングズレー、すごい存在感です。さすが「サー」!

オリバー役のバーニー・クラーク君かわいい♪

f0052756_13494399.gif






19世紀のロンドン、養育院で育った孤児オリバー・ツイストは、9歳になり自分の生まれた貧窮院へ戻される。ここで麻屑作りの労働に従事するのだ。
しかし、孤児に与えられる食事はほんのわずか。くじ引きで、夕食のおかわりを求めることになってしまったオリバーは、憤慨した貧窮院の委員達から追放処分を受けてしまう。
オリバーを引き取ったのは葬儀屋のサワベリー氏だった。彼は美しく悲しげな表情をしたこの少年が、葬儀のお供の役目に適任だと考える。しかしこの抜擢はもう一人の徒弟ノアの敵意を買い、亡くなった母親のことを侮辱されたオリバーは、怒りに震えノアを襲ってしまう。そしてサワベリー氏にやむなく鞭で打たれ、ついに家を飛び出してしまう。
行く当てのないオリバーは、道端に刻まれた " ロンドンまで70マイル " の文字を見て決心をする。大都会ロンドンへ出れば運が開けるかもしれないと思ったのだ。
オリバーは7日間歩き通し、もう立ち上がる気力さえも尽きかけたとき、ようやくロンドン郊外までたどり着く。そんな彼に声をかけてきたのが、シルクハットをかぶり妙な身なりをした少年、ドジャーだった。彼はオリバーにかすめとったパンを食べさせると、ただで泊まれるという裏通りにある家へと連れて行く。主のフェィギンはにぎやかな夕食にオリバーを招き、こうして彼の論゛トン生活が始まった。
毎日のようにハンカチや財布を手に入れてくるドジャーたち。だが、彼らの " 仕事 " について、オリバーは何も知らされていなかった。
フェィギンは、少年達が彼のポケットからハンカチや時計を気づかれずに抜き取る " ゲーム " でオリバーを大喜びさせるのだった。 " ゲーム " の腕が上達した頃、ようやくオリバーはドジャーらと外出許可を得る。そこでドジャーらが紳士のポケットからハンカチを抜き取るのをみて、オリバーは始めて彼らの " 仕事 " を理解した。
しかし、あわてて逃げ出したオリバーは捕まり、法廷へ突き出されてしまう。すっかり青ざめ、ついに気を失ってしまうオリバー。だが駆け込んできた目撃者の証言で、彼の容疑は晴らされる。
ハンカチをすられた紳士、ブラウンロー氏は親切な人柄で、無実と証明されたオリバーを自宅に連れ帰り、手厚い看病をし、元気になったオリバーを使用人(書生?)として迎え、オリバーは平和で幸福な日常を送る。その頃、フェィギンと悪党仲間のビルは、警察に捕まったオリバーが密告するのではないかと恐れ、ビルの情婦ナンシーに行方を探らせていた・・・。
フェィギンやドジャーたちの " 仕事 " を知ってしまったオリバー。いつか訪れる幸せを信じ、まっすぐに生きてゆくオリバーは、運命を大きく変える恐ろしいたくらみに巻き込まれてゆく・・・。
結局フェィギン一味に連れ戻されてしまうオリバー。裕福なブラウンロー氏に押し入る企みの片棒を無理やり担がされてしまうが、ナンシーの捨て身の行動により・・・。

[PR]
by miliardaria | 2006-02-26 13:51